ようこそ坂本ビル
トップ
ビル概要
テナント構成
◆沿革◆
アクセス
個人情報の取り扱いについて
観光カリスマ坂本和昭のブログ

大正14年頃の帯広(帯広町西2条南9丁目16〜20番地)の町並み。左端の店舗が坂本勝玉堂。
(現在の藤丸側から坂本ビルの方角(南南東)を写した写真)



坂本商事梶E坂本ビル梶@沿革

1886 明治19年 09月01日
坂本勝(初代)(山梨県北巨摩郡安都玉村四十六番戸の坂本繁八・かめのの長男)が誕生する
1901 34年
勝14歳の時に下見の為に単身渡道し十勝を視察(大津より十勝川を遡り利別へ入る)する
1903 36年
勝16歳の時に利別に居た同郷の「カネヨ佐藤喜与丸商店」(金物屋)に寄寓する
1904 37年 (創業)
北海道中川郡凋寒村大字凋寒村字利別太大通六丁目十九番地にて印判店坂本勝玉堂を開業する
1905 38年
(帯広での創業)
鉄道の開通にともない帯広町西2条南4丁目20番地に移転する(印判・十勝石細工・団扇・カレンダー等の製造販売)
1925 大正14年
帯広町西2条南9丁目16番地(諏訪鹿三河西支庁長の本宅跡を三戸分購入)に移転する
1927 昭和02年 07月25日
坂本圭司(二代目)が誕生する

昭和3年頃の坂本勝玉堂
(写真中央で自動車のおもちゃに乗っているのが二代目社長の圭司一歳)

1950 25年
帯広市西2条南9丁目18番地にてダンスホール坂本会館を開業する
1951 26年
坂本勝玉堂併営で坂本洋装店を開業
1953 28年 01月19日
坂本勝(初代)が死去する(享年68歳)
1954 29年 03月01日
圭司が勝玉堂・洋装店・会館を法人化して坂本商事株式会社(資本金300万円)を設立する
1958 33年 01月29日
坂本和昭(三代目)が誕生する
1959 34年
洋装部を廃業し、大型喫茶店ビーナスを開業する
1962 37年 02月01日
喫茶ビーナスを廃業し、アサヒビアホールを開業する
1967 42年 11月27日
夜間にダンスホールから火災が発生し全焼する。仮設店舗(16番地)で土産品の販売と駐車場(18番地)の営業をする
1968 43年 07月28日
坂本ビル株式会社(資本金2000万円)を設立し、ビルの工事を開始、坂本商事の仮営業地を西2条南9丁目4番地に移転する
1969 44年 10月30日
寄合百貨店「サニーデパート」(地下1階、地上7階建)として開業する。商事部門は同ビル地階に本店・帯広駅と帯広空港に支店を置く
1970 45年 09月
ビル会社の資本金を3000万円に増資する
1971 46年 08月
ビル会社の資本金を4000万円に増資する
1973 48年 08月
商事会社の資本金を600万円に増資し、店舗を4階に移転する
1977 52年
商事の店舗を1階に移転する
1980 55年 04月01日
和昭が坂本ビル梶E坂本商事鰍ノ入社し専務取締役に就任する
10月
商事会社の資本金を1200万円に増資する
1992 平成04年 05月02日
圭司(二代目)が死去する(享年66歳)
05月09日
和昭(三代目)が坂本ビル梶E坂本商事鰍フ代表取締役社長に就任する
2001 13年 07月29日
北の屋台(帯広市西1条南10丁目7)の開業に和昭が専務理事として関わる。
和昭が「北の屋台読本」(メタブレーン社刊)を出版する
2005 17年 03月
和昭が「観光カリスマ百選」に選定される
07月29日
和昭が「北の屋台繁盛記」(メタブレーン社刊)を出版する
2006 18年 07月07日
坂本ビル4階に「シニア ケア ショップ パーム」を開業する